金属精密加工

妥協を許さぬこだわりの精密加工

より良いQCDS(品質・価格・納期・サービス)を求めて
お客様満足度の高いオンリーワンのものづくりを第一に掲げでいます。
精密度を独自で評価するため、各測定器を導入。
より精度の高い安心・安全な部品を納品するべく超精密加工のエキスパートとしで日々取り組んでいます。

部品製作 精密自動機鄙晶・精密金型部品・超硬部品・セラミックス部品

切削加工、研磨加工、ワイヤー放電加工、型彫放電加工を駆使し、多品種少量生産を行っています 。

お客様のご要望にお応えするために最適な素材、加工法のご提案もいたします 。

切削加工

高速マシニングにて円錐形状に削り出したサンプルです。

材質:真鍮

<中央部 拡大写真>

根元径(交点寸法)0.3mm
円錐立上寸法 0.8mm

研削加工

倣い研削盤にて加工したサンプルです。

材質:超硬

<先端拡大写真>

五角形の12面体加工サンプルです。

各面積が均一である証明は交わるコーナーラインにズレが生じていないところです。

材質SUS440C(HRC52~)

く先端拡大写真>

ワイヤー放電加工

プレス金属部品における、パンチとダイをイメージした加工サンプルです。

材質:超硬

油仕様 クリアランス3μ以下

型彫放電加工

モールド金属部品の入れ子サンプルです。

材質:SKH51 (HRC61~)

放電部(平均面粗度2.5μ
コーナーR 0.03以下

遊び心で部品製作

遊び心を取り入れて、真面目に手掛けたサンプル品です 。

これからも枠にとらわれない「ものづくり」を目指します 。

技能・技術を表現してみました

ミラーボール(球直径30mm)

金閣寺(30×30×30mm)

御神輿(50×50×50xn)

刀(50×50×50mm)